楽天銀行スーパーローン 在籍確認

楽天銀行スーパーローンの在籍確認は必須で避けることはできません!

 

楽天銀行スーパーローンの申込後の審査では最終段階で返済の原資である会社の給料がちゃんと支払われているかどうかの確認の為に会社に電話してきて在籍しているかどうかの確認をします。本人が居なくても電話口の方に確認するので大丈夫です。会社に居る場合は申込者に電話が繋がれて在籍確認完了となります。しかし

 

 

会社に電話を掛けてきてもらっては困る


 

という方は意外に多く、電話連絡の回避の対処法を編集部でも良く問い合わせを頂きます。

勤務先への在籍確認の電話回避の対処法はずばりプロミスを利用する

 

プロミスでは勤務先への在籍確認の電話確認を、別の確認方法でする相談も可能です。


プロミスに申込むと、仮審査を通過すれば申込内容の確認の電話が本人に掛かってくるので、その時にオペレーターに相談すれば別の確認方法を案内してくれます。もちろんこれで確認が取れれば在籍確認の電話を回避できるのですが、

 

 

これは勤務先が休みの日で電話に出れる方がいない場合にも活用する事ができます。


どうしてもすぐに借りたいけど会社が休みだとすれば審査は通常在籍会社の営業日まで審査は繰越になってしまいますので即日融資は不可能(そもそも楽天銀行スーパーローンは即日融資は不可能)となってしまいます。そんな時でも会社への電話連絡を別の確認方法でする相談をすれば、在籍確認をその日に終わらせることも出来、即日融資も可能になります。

 

プロミスなら金融機関の休みの日でも自動契約機があるので契約を完了してしまえば最寄の自動契約機にて即日カード発行も可能です。初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)もあるので利息もぐっと低くなります。

在籍確認を書類で代替するならプロミス

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
目次

楽天銀行スーパーローンでも会社にバレる訳ではない

楽天銀行スーパーローンの在籍確認は、

 

 

『楽天銀行ですが○○○さんご在籍でしょうか?』


という感じで電話してきますので楽天銀行殻の電話という事はバレてしまいます。しかしローンの電話とは言わないので気付かれる事はありませんが、電話口に長年いる方は在籍確認だなということは薄々感じるかとは思います。

 

 

どうしても会社にバレたくないという方はプロミスへ、まあ大丈夫だという方も金融庁の規制以来、審査の厳しくなった楽天銀行スーパーローンと、電話連絡とは別の確認方法を相談できて初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)により、早期返済で楽天銀行スーパーローンよりも少ない利息で済むプロミスを比べて申込みましょう。

 

 

ちなみに僕がプロミスを選んで、こうして会社への電話連絡を回避しましたけどね。楽天銀行スーパーローンとプロミスを在籍確認と利息を比較して検討してみましたか?


楽天銀行スーパーローンの在籍確認はどう対処すればいい?

楽天スーパーローンでも在籍確認は必ず行われる

在籍確認といえば、銀行や消費者金融業者などからお金を借りる場合のハードルのひとつではないでしょうか。一応低金利で知られる(金利の幅が大きくて一概に低金利とは言えない)

 

 

楽天スーパーローンでも在籍確認は必ず行われています。


楽天スーパーローンを利用して融資を受けたいと考える人であれば、おそらく実際に申し込む前に在籍確認があるのかどうか、あるいは避ける方法はないのかといった点について調べるかもしれません。

 

結論からいくと、先述の通り楽天スーパーローンでも在籍確認があります。その方法についても他の銀行や消費者金融業者と同様に勤務先に直接電話連絡を入れるというものです。

 

楽天スーパーローンは総量規制の対象外

ちなみに楽天スーパーローンは総量規制の対象外となる融資のため、仕事をしていない専業主婦の人でも融資を申し込むことができますが、専業主婦の場合はそもそも勤務先がありませんので在籍確認はありません。

 

 

こうした「例外」を除いて在籍確認をしないという選択は楽天スーパーローンにはありません。


そのため、いかに在籍確認を回避するかということよりも、避けられないということであればどのように対応してもらうか、という点を考えた方が良いでしょう。たとえば在籍確認を避けたい人というのは、普段電話がかかってこない部署に勤めていたり、勤務先にお金を借りることを知られたくないという人が多いのではないでしょうか。

 

楽天スーパーローンの在籍確認でも楽天スーパーローンと名乗る事はないが楽天銀行と名のる事はある

もちろん楽天スーパーローン、とそのまま名乗って電話をかけてくるといったことはありませんが、それがかえって怪しまれる理由になるかもしれません。そこで敢えて「楽天銀行」の名前を名乗ってもらうというのはどうでしょう。勤務先には前もってカードを作るため等の理由で「楽天」から電話がかかってくるかもしれない、と伝えておきます。

 

楽天というネームバリューは今や日本中で有名ですので、勤務先の人もそういう理由ならとそれほど気にしないでしょう。在籍確認が避けられないという理由だけで楽天スーパーローンの利用を諦めるのはあまりにももったいない話です。上に挙げた方法はひとつの例ではありますが、こうした例を参考にしてみてください。

 

楽天スーパーローンはおまとめローンでも利用可能?

楽天銀行スーパーローンでは、

 

 

おまとめ・借り換えの利用は出来ません。


これは自己破産者が増えたために、金融庁が無担保貸付に大きな勢力を伸ばしている銀行カードローンを規制するために、自己破産の最も原因となっている借り換え・おまとめローンをストップしたためです。

 

気軽に借りたカードローンに始まり、増額ができないので他のカードローンに申込む。こうして複数のカードローンで債務が溜まってしまい、まとめたいなと思い銀行カードローンでおまとめローンをする。

 

そして既存の借入に返済して完済しても、途中でまた借りたい病が再発すれば、再度消費者金融等の貸金業者から借りれる状態になるのです。銀行カードローンでおまとめをすると、既存借入先への返済は申込者自身でするので、そもそも既存借入先に返済せず使ってしまうことも現実的には可能なのです。

 

 

こういった流れが一番多いので、まず借り換え・おまとめローンから規制されることとなったのです。


 

楽天銀行スーパーローンの在籍確認の参考サイト

アコム在籍確認楽天銀行

楽天銀行カードローンの審査に落ちても心配しないで

楽天銀行はクレジットカードや銀行業務に加えてカードローンの商品も展開しています。以前は審査も落ちたという話はあまり聞きませんでしたが、銀行カードローンの規制以来、楽天銀行カードローンの審査はかなり厳しくなっています。

 

 

もちろん楽天銀行カードローンとしては、なるべく審査を通して利用者を増やしたいのですが、金融庁から決められた指針により集客しなければならないので、どうしても厳しくならざるを得ないのです。


規制前までの銀行カードローンの多くは、与信の低い方は別として、優良な与信を持つ方には他社借入の状況などを確認せずに貸していたという経緯があります。

 

金融庁と銀行の間には全国銀行協会という銀行の連合があり、金融庁から規制される前に全国銀行協会が自主規制案で金融庁に伺いを立てるという形で対処してきました。その中でしっかり信用情報機関で他社借入も把握し、収入に対しての貸せる金額も決めているようです。

 

 

ですので、楽天銀行カードローンの審査もどうしても審査が厳しくなってしまうんですね。


 

ですから楽天銀行カードローンの審査に通らなかったとしても、他のカードローンが利用できないというわけではありません。

楽天銀行カードローンの審査に落ちたのか考えてみる

まずはなぜ通らなかったのかという原因を考えてみましょう。楽天銀行をはじめとするカードローンには、必ず審査というものがありそれを通過しないことには、当初の議題である楽天銀行スーパーローンの在籍確認まで至りません。

 

この審査に通るためには様々な条件があり、それらを事前に確認しておくことで、審査に通過する可能性を高めることができます。

 

 

まず、第一に、過去のカードローンやクレジットカードの支払履歴を確認しておきましょう。


 

他のカードローンの借入がなければクレジットカードの支払履歴だけで構いません。少なくとも3ヶ月程度は支払を確認し、滞納などがないかを調べ、問題があるようであれば申し込みは控えた方が良いでしょう。

 

 

カードローンの場合は「既に別のところから融資を受けていること」自体はそれほどマイナスにはならず、むしろ「返済していない」ことのほうが問題視されます。


逆に完済していれば、それは「実績」と判断されることが多いので滞納がなければそれほど気にしなくても良いでしょう。

 

 

そして、これはある意味基本的なことなのですが、申し込みの段階で「虚偽の申告」はしないという点も重要です。


嘘の申告はまずばれてしまいますし、こうした場合には「信用出来ない」ということで審査に通らなくなりますので気をつけてください。

楽天銀行カードローンのライフスタイルにあわせて選べる返済方法

楽天銀行カードローンは、いわゆる「無担保ローン」のカードローンのひとつです。ネット銀行とはいえ、銀行系のカードローンということで低金利で利用することができるのが楽天銀行カードローンの大きな特徴となっています。

 

楽天銀行カードローンは、高い利便性から多くの利用者が存在するカードです。同時に楽天銀行カードローンといえば、金利が低いカードローンとして認知されており、こうした点も含めて楽天銀行カードローンに人気があるといえるかもしれません。

 

 

しかし本当に低金利と言えるのでしょうか?


もちろん最高金利は年14.5%となっていますので、50万円までの借入では低金利ということも言えますが、これくらいの金額の借入では金利による利息の差はほとんどありません。むしろ高額借入の方が金利差による利息の差が大きくなるのです。

三井住友銀行カードローンの適用金利表
極度額 金利
700万円超800万円以下 年4.0%〜4.5%
600万円超700万円以下 年4.5%〜5.0%
500万円超600万円以下 年5.0%〜6.0%
400万円超500万円以下 年6.0%〜7.0%
300万円超400万円以下 年7.0%〜8.0%
200万円超300万円以下 年8.0%〜10.0%
100万円超200万円以下 年10.0%〜12.0%
100万円以下 年12.0%〜14.5%
楽天銀行カードローンの適用金利表
利用限度額 借入利率
800万円1.9%〜4.5%
600万円以上800万未満3.0%〜7.8%
500万円以上600万未満4.5%〜7.8%
350万円以上500万円未満4.9%〜8.9%
300万円以上350万円未満4.9%〜12.5%
200万円以上300万円未満6.9%〜14.5%
100万円以上200万円未満9.6%〜14.5%
100万円未満14.5%

50万円ほどの借入枠が出たのであれば、楽天銀行カードローンも三井住友銀行カードローンも適用金利は年14.5%と同じです。もちろん三井住友銀行カードローンの場合は年12.0%が適用される可能性は残されています。

 

では100万円の借入枠ではどうなのか。三井住友銀行カードローンの方は、100万円以下までという表記なので年12.0%〜14.5%が適用されます。楽天銀行カードローンの場合は次の段階の金利が適用されるので、年9.6%〜14.5%が適用されます。

 

一見楽天銀行カードローンの方が低金利に見えますが、次の段階に行っても最高金利である14.5%の数字が残っています。あまりないでしょうが、年9.6%が適用される可能性も一応あるのですが、最高金利が適用される可能性もあるのです。

 

 

もし最高金利の年14.5%の適用する可能性がなければ、金利表の見た目が良くない最高金利をここに表示しておくでしょうか?


この楽天銀行カードローンの表記の仕方は、あまり適用する気のない年9.6%で低金利という印象を与え、適用する気満々の年14.5%も表記しておくというありがちな手法です。

 

しかも楽天銀行カードローンは、この次の段階である200万円以上300万円未満の適用金利にも、この際高金利である年14.5%が記載しています。楽天銀行カードローンは違う利用限度額に対する適用金利を被らせて、金利が低く見えるようにしかみえません。

 

実際私の場合は三井住友銀行カードローンに申込んで、300万円の限度額(希望金額は明記せず)が出て、適用金利は年8.0%でした。200万円超300万円以下の適用金利の年8.0%〜10.0%の最低金利がキッチリ適用されています。

 

 

この場合楽天銀行カードローンであれば、300万円以上350万円未満の適用金利年4.9%〜12.5%の間で適用されることとなり、通常から行くとこの間の最高金利である年12.5%が適用されることとなります。

 

 

こうなると300万円の借入で、4.5%の金利差となると利息の左派非常に大きなものとなります。


ですので、楽天銀行カードローンに申込む前に金利の見極めは非常に重要になってくる訳です。

低金利といえるのは三井住友銀行カードローン

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 最高 800万円

楽天銀行カードローンのもつもうひとつの特徴

楽天銀行カードローンのもつもうひとつの特徴は、返済方法が選べるという点にあります。楽天銀行カードローンでは、銀行口座からの自動引き落としの他、ATMなどを利用した随時返済も選ぶことができます。

 

銀行口座を利用した自動引き落としの場合、楽天銀行以外の銀行や信用金庫などでも返済口座として利用することが可能となっていますので、

 

 

給与振込口座を楽天銀行カードローンの返済用口座に利用すると毎月の返済についてもスムーズでしょう。


また、楽天銀行カードローンでは返済日として1日・12日・20日・27日が選択可能ですので、自身にとって都合のよい日程を選ぶことができるのも大きなメリットといえます。

 

ただし、楽天銀行以外の銀行口座の場合には選択することができない日もありますので注意が必要です。特に27日については楽天銀行口座でのみ選択可能となっていますので、返済日の指定については確認しておくと良いでしょう。次に、随時返済をする場合についてですが、

 

 

提携ATM・インターネットバンキング・銀行振り込みといった方法が用意されています。


この方法のメリットは、お金に余裕がある時にその都度返済ができるという点にあり、少しでも利息を減らしたい人や返済を早く終わらせたい人にとってはぜひ利用したいところです。

 

中でも提携ATMを使った返済の場合、手数料も無料で返済することができますので余分な費用をかけることなく楽天銀行カードローンに返済が可能です。同様にインターネットバンキングについても手数料無料で返済が可能となっており、こちらについては1円単位で返済を行うことができます。

 

 

銀行振込については振込手数料が発生しますので、楽天銀行カードローンへの随時返済についてはATMかインターネットバンキングを利用するのがおすすめです。

楽天銀行スーパーローンの在籍確認が完了したら楽天銀行を利用した方が良い

楽天銀行のATM手数料は引き落とす銀行によって違う

楽天銀行は全国にある様々な銀行やコンビニエンスストアと提携していますから、非常に多くのATMでのご利用が出来ます。手数料に関しては入金(返済)をする場合全提携ATMで無料になります。しかし、入金をする金額が3万円未満の場合は、

 

 

  • イオン銀行とセブン銀行・PatSatでは216円
  • みずほ銀行やイーネット銀行・ゆうちょ銀行・ローソンATM・三菱UFJ銀行・VIEW ALTTEでは270円

の手数料がかかります。お金を引き出す場合も同様の手数料がかかります。手数料を毎回支払うのは大変でありますね。そこで、この手数料を無料にするという方法があります。それは「ハッピープログラム」です。

 

このサービスは楽天銀行の利用の度合いによって会員ステージが上がっていき、そしてその結果に応じてATM手数料が無料になるのです。無料になる回数は会員ステージによって違いますが、最大でひと月あたり7回手数料が無料になります。

楽天銀行のお得なハッピープログラムへのエントリー

楽天銀行はその口座数は400万以上、提携しているATMは、

 

 

  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • ローソン
  • イーネット
  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • VIEW ALTTE
  • ゆうちょ銀行

などの提携ATMなどで対応が可能です。その手数料は入金3万円以上であれば無料ですが、3万円以下では216円〜270円、出金でも同じ金額の手数料が取られることになります。しかし、ハッピープログラムという特典があり、これにエントリーすると様々な特典が出てきます。預金額とレベルにより会員ステージがあり、

 

 

  • ビギナー
  • スタンダード
  • プレミアム
  • VIP
  • スーパーVIP

があり、そのステージによってATM手数料が無料になる回数が1,2,5,7回があり、楽天スーパーポイントの倍率が2倍〜3倍となりお得となります。エントリーすれば、毎月残高や利用状況をチェックし、条件をクリアしていれば翌月から高いステージの優遇を受けられ、その他にも住宅ローンの引き下げられたり、他行の振込手数料が無料になるなどの特典もあります。

楽天銀行の振込手数料を節約する方法

楽天銀行で振込を行う場合、楽天銀行同士だと振込手数料がかからないのですが、他行宛の振込の場合は3万円未満は165円、それ以上は258円の手数料がかかってしまいます。

 

 

少しでも振込手数料を安くするには、楽天銀行を給与や年金の受取り口座に指定しまえば良いのです。


そして、実際に給与などが口座に振込まれたら他行宛の振込手数料が月3回無料になります。その月に無料回数を消化できなかった場合には翌月に繰り越す事が可能で、月に最大5回まで振込手数料が無料になります。

 

また、ハッピープログラムに参加しておけば楽天スーパーポイントを振込手数料として使用することが可能になります。楽天銀行の独自サービスで、相手が楽天銀行の口座を持っている場合、メールアドレスと口座名義だけで無料で振込ができるかんたん振込というのがあります。

 

同行間振込とは違い相手に口座番号などの情報を知らせなくてすむので、上手く活用すると振込手数料の節約に役立ちます。

楽天銀行スーパーローンは専業主婦は申し込めるのか?

専業主婦はもちろんの収入がないので、総量規制により消費者金融に申込む事はできません。したがって専業主婦申込可能な銀行カードローンに申込まなくてはいけないのですが、

 

 

金融庁の規制により全銀連では、専業主婦への貸し出しは自粛するよう各銀行に通達しています。


しかし楽天銀行スーパーローンは、専業主婦専用の小額借入枠のカードローンが用意されているので専業主婦でも一応申込めるようになっています。

専業主婦がカードローン審査に通る為には配偶者の収入を証明したり配偶者との婚姻関係を示す必要がある事が一般的

楽天銀行スーパーローンでは専業主婦の申込が可能でり、借入枠が10万円と限定されているので、この配偶者の収入証明や本人の収入証明等が必要無いという利点があります。さらに銀行カードローンという事で消費者金融よりも低金利(年14.5%)で借り入れが可能という利点もあり、金利が年14.5%限度額最大10万円という設定になっており、安心して利用出来る水準になっています。

 

 

楽天と言う事でネット対応サービスも充実しており、審査申込みをネット経由で行う事が出来ます。フォームに就業形態を選択する箇所がまずあるので専業主婦を選択し、必要事項を入力してメールで審査結果の案内が来て、契約内容の案内の時に本人確認の電話連絡が来ることになり、その後必要書類等の提出を行う事なります。

 

入会するだけで楽天ポイントをプレゼントしてもらえる等の特典もあり利便性も高いものですし、専業主婦でも申込が出来る数少ないカードローンになっていますし、利用に応じて楽天ポイントが加算されたりと様々なメリットがありますからホームページ等で細部のサービスを確認しておくと良いでしょう。

 

 

しかし本来は全銀連が自粛する意向なので、いずれ楽天銀行スーパーローンも専業主婦が申込めなくなるのも時間の問題です。


専業主婦は無職無収入状態ですから、カードローン審査に通るかどうかが不安という方も多いですが、通常専業主婦の審査では収入のあるはい牛舎を審査する形になります。借入可能額も10万円と楽天銀行スーパーローン側のリスクも最小限にしていますし、楽天会員にすでに入っている方はスムーズに審査に臨む事も出来ます。

 

利用可能な条件としては国内に居住している20歳から60歳までの方が申込対象となっています、すでに楽天銀行スーパーローンやイーバンク銀行カードローンのマイワンを持っている場合は申込みが出来ないようになっており、これらを既に持っている場合は必要な書類提出後でも断られる事になりますから注意が必要です。

 

使用用途としては事業性資金には利用出来ないですが、専業主婦が日々の生活の中で急な出費対応を行う時に銀行系カードローンを一枚持っておく事は心強いものです。

楽天銀行スーパーローンに申込んだ体験談

楽天銀行スーパーローンに申込むと在籍確認で会社に電話が掛かってくるので困る

 

最近では、ネットでもキャッシングが利用できるのですごいものだなと感じています。でも、やはりネットと言っても審査はちゃんとあるので、利用をする時は審査を受けなくてはいけません。

 

私も若い頃と違い最近はよくお金もかかってしまう状態になってしまっているので、これからキャッシングを考えていくのもいいなと感じました。私はキャッシングを利用した事がないので、どんなものなのかもあまりよくわかりません。でも、気軽に利用ができるわけではないと思うので、これからよく調べないとと思い、楽天銀行スーパーローンについて調べました。

 

もしもお金がたくさんかかってしまった時に、貯金がなくなってしまったらと考えると怖いものだなと感じてしまいます。ちゃんと安心ができるようにするためにも、キャッシングを利用できたらいいものなのかなと感じています。

 

そうして調べているうちにこのサイトにたどり着きました。楽天スーパーローンの在籍確認があるようなのですが、私は集金などの業務もあり、現金も扱う仕事をしているのであまり会社にカードローンの申込をしたということがバレたくありません。

 

実際に利用をしている人の話を聞いたりしてみるのもいいのかもしれません。社内ではちょこちょこ使い込みで会社をクビになる社員もおり、そういった類と同じように見られても困るからです。

 

このサイトでプロミスが会社への電話連絡を相談できると知り、初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能)を利用することにより、利息もかなり圧縮できることを知ったので、プロミスを選んで申込み、会社への電話連絡を回避しました。


楽天銀行スーパーローンの在籍確認の電話で職場のみんなにアレコレ聞かれた・・・

 

私は最初楽天銀行の口座を開く時によくわかりませんでした。そして一緒にカードローンを作りたかったのです。でも楽天は店に行くわけでもなく、紙1枚で作成をしていかなくてはいけません。だから、何かわからないような事もたくさんありました。

 

その中で、楽天銀行に問い合わせをしたら丁寧に教えてくれました。お問い合わせができるとは思っていなかったので、最初からしたらよかったなと思いました。また、楽天もこれから利用をしていく予定なので、何かあったらお問い合わせでやっていけたらいいなと思います。楽天銀行は、今かなり利用をしている人が増えてきています。

 

私の友達も、最近楽天銀行を開設したそうなのです。だから、どんどん利用をしていっている人が増えている状態なんだなと感じてしまいました。楽天銀行は、使いだしたらとってもいい銀行だなと感じました。パソコンで振り込みなんかもできるのですから、すごいものだなと感じています。

 

その便利な楽天銀行のカードローンを口座開設のときに同時に作ったのですが、これもカードローンが初めての私には会社に電話確認が入るということが驚きでした。職場のみんなになにしたの?ってめちゃくちゃ聞かれて流石にカードローンを作ったとは言えず、恥ずかしい思いをしました。


初めての楽天銀行カードローンの返済

 

私はよく楽天市場でお買い物をするのですが、この間楽天銀行カードローンというものの存在を知りました。楽天はローンまでやってるんだと思い、色々調べてみたところ、楽天銀行カードローンが私にぴったりなローンだということを知りました。

 

ネット界では古参の楽天ですからネットサーフィンをしていれば、いずれは楽天銀行カードローンに辿り着きます。楽天市場で商品を買ったりしてもサイト内に広告はありますし、購入後に来るメルマガでも広告があります。

 

しかし楽天銀行カードローンは消費者金融クチコミランキングでの評価はイマイチ。私が申込んだ時もなんの手違いがあったのかは知らないのですが、なんと審査が一週間も掛かってしまいましたので審査結果がきた時には、今更かよ・・・と思いましたが、一応在籍確認をしてもらい契約することにしました。

 

ちょうど高額な商品を買いたいと思っていた私は早速使ってみようと思い、楽天市場で買い物をしましたが、初心者の私でも簡単に出来ました。

 

他に借り入れがない私は、当然のように審査に通り、ローンを組めることになったわけですが、借り入れ金額は30万円なので、月々3万円ずつ返して行こうと思っています。ボーナス月は余裕があるので10万位返せば、一年以内に全部返せそうです。

 

生まれて初めてのローンなので最初はちょっと心配でしたが、これなら無理なく返せそうです。絶対に延滞などしないように、毎月きっちり払って行きたいと思っています。


専業主婦でもカードローンを利用できる安心感

 

無駄毛のない肌がこんなにもスベスベになるなんて、思ってもいませんでした。やっぱり自己流のお手入れとプロのお手入れは、仕上がりに差があるものですね。お試しチケットがあったので銀座のサロンでしてみたのですが、期待以上の仕上がりに満足して腕や脚の脱毛に通ってみようかと思っているぐらいです。

 

これまではワキを中心に自分で無駄毛のお手入れをしていたのですが、回数が頻繁になるほど肌が炎症を起こして大変でした。アフターケアもしっかりやっているのですが、お手入れ後の肌がカミソリ負けして真っ赤になってしまうのです。

 

結局、真っ赤な肌を人目に晒すことはできないので、夏でも長袖を着ていることが多いのが現状。せっかく無駄毛の処理をしているのに、何のための無駄毛処理なのか分からなくなってしまいました。

 

そこで最初はワキだけでも脱毛してみようと思ってサロンに行ってみたのです。万が一お肌に合わなくてもワキであれば人目に触れる箇所ではないのでお試し箇所としては最適だと思いました。

 

そこから私のカードローン人生が始まりました。メールでよく楽天銀行スーパーローンの広告がきていたので、申込んでしまったのです。私は専業主婦ですから、在籍確認はなしで本人確認のみでした。結局借りたお金は脱毛に使ってしまいましたが、返済のあてがないので旦那に相談しなければいけません。


page top